變愛 / 浅岡キョウジ
[副題:奇妙な恋人たち] 表紙が素敵で堪らず購入。 フェティッシュな愛のかたちを描く7篇のオムニバス短篇集。 眼球愛好、ショタコン、言葉責め、射られ願望、埋葬嗜好、なめくじ愛・・と並べてみると、どれもこれも相当ディープな変態趣味のはずなのに、そう思わせない軽やかさと爽やかさ。
ホラー風味のあるアール・デコっぽいレトロモダンな絵柄といい、耽美なエログロ世界を想像させるのだが、その実態たるや甘酸っぱい青春の香りに満ちたラブコメなのだ。 ある意味、すごく奇妙な世界観。 これはこれでいいような気がする。 逆に、めくるめく性倒錯の小暗い浪漫に惑溺したり、真剣に変態性を追求したい向きにはお勧めできない作品ではあると思います。 ホントとにかく、クスクスってさせる可愛らしさ全開なのだから。
まだみんな変態慣れしてないヒヨっ子ばかりで初々しいのかな。 どうしよう変態かも〜変態かも〜ってドギマギしてたり、変態なんて概念もわからずキョトンとしてたり。 そもそも変態の前に恋愛初心者なのだけど、みんないきなり奇跡的といえるほどに幸せな巡り合いをしてるのだよなぁ。
一番好きなのは表題作の「變愛」かな。 絵的な緊張感とオチのギャップがよい。 てかこれ、実は変態じゃないんだけどね^^; まぁ、そこも含めてのストーリーがキュートなのだ。 近代(大正?昭和初期?)な背景と絵の親和力も抜群で。
「ヒ・メ・ゴ・ト」は、素子さんより香山くんのがヤバい^^; これも厳密には“たまたま”であって性癖ではない可能性が無きにしも非ず。 あと「紅い蛞蝓」の馬場さんの天然感がチャーミング♪ とりあえず絵に魅了されました。 真剣な画集出してくれたら買っちゃうかも


變愛 −奇妙な恋人たち−
浅岡 キョウジ
徳間書店 2013-09 (単行本)
関連作品いろいろ

| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/1060