盆の国 / スケラッコ
お盆を繰り返す町で巻き起こるエンドレスサマーストーリー!
お祭り、夕立、花火、恋… いろんな夏が詰まってる。

お盆に帰ってくるご先祖さまの姿が見える女の子・秋。
会えないはずの人たちに、もう一度会える楽しい季節。
このままずっとお盆だったらいいのに…
ふと頭に浮かんだ妄想は、なぜか現実になってしまう。
同じ一日を繰り返す町の中で出会った謎の青年・夏夫と、
誰も知らない不思議な冒険がはじまる。
京都、お盆、夏・・ 懐かしい匂いが立ちのぼる和風ファンタジー。 日常ベースで静かに進むのかな? と思いきや、結構スペクタクルな展開ありで、しっかり1つの長篇物語になっていました。 とぼけた柔らかい絵が独特の情緒を醸し出していたと思う。
“シジミ”って、最初何かと思ったよ。 しかも柄なのね 可愛い♪




盆の国
スケラッコ
リイド社 2016-07
(単行本)

| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/1076