百日紅 / 杉浦日向子
油の乗りきった北斎と、その娘にして父の補佐を務めながら自身も浮世絵師として名を残したお栄、北斎親子の仕事場に居候中の若かりし英泉、豊国門下ながら対立する北斎の画風を慕う国直などを軸に、江戸の庶民、江戸の絵師たちの日々のひとコマをさり気なく鮮やかに切り取った連作集。
皆川博子さんの「みだら英泉」に登場したメンバーだ。 悪を絢爛と映し出す南北やジジくさくなった(?)京伝先生もゲスト出演といった感じでほんの一場面であるが登場し、花を添えている。 北斎の食えないジジイっぷりもいいし、気だるげだけど芯の凛としたところを垣間見せるお栄の魅力、遊び人だけど憎めない、そしてどこかナイーブなものを秘めていそうな英泉のチャラ男っぽさもいいし、国直の破天荒で人懐っこい陽性気質など・・キャラが実にいい。
女は鉄火で伝法で自堕落で、男は遊びに長けたヤサ男が持てはやされた爛熟期の江戸の気配が、エロティックに妖しげに濃密に、でもあくまで日常の何でもないこととして溶け込んで、ページの隅々から匂い立ってくる。 1枚の画が表現する深い心の襞を堪能してしまう。 例えばお栄や英泉が自分の絵に悩んでいることなんて、多分言葉としてはどこにも表現されていないのではないかと思う。 表情や仕草や風景から心模様が浮き立って、まさに言葉では言い尽くせない風情を醸し出す。 同時に漫画なのでほとんどが会話だ。 この会話がいいのだ。 べらぼうにきっぷがよくて。 江戸の粋が凝縮されている。 さらに素晴らしいのは時代考証がしっかりしているところ。
解説で夢枕獏さんが述べられていたけれど“百日紅”という花は“散れば散るほどいよいよたくさんの花が“もりもり”と咲いてくる”のだそうだ。杉浦さんの中で、百日紅という花のしたたかさと江戸の浮世絵師たちが重なったのだという。 選り好みせずに何でも描く。 出し惜しみせずにもりもり描く。 ここにもまた“描き捨てる”恰好よさがあると思った。


百日紅 上百日紅 下
杉浦 日向子
筑摩書房 1996-12 (文庫)
関連作品いろいろ
★★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/126