イニシエーション・ラプ / 乾くるみ
うわっ、や、ら、れ、たー。 わたしは幸いにも予備知識なしに読んだので、非常に楽しめた。 難解な謎解きモノは腰が引けてしまうけど、シンプルかつ完成度の高い叙述トリック系は、ほんと大好き。 恋愛小説の甘ったるさとラストの暗転と鮮やかな仕掛けのコントラストがスゴイと思った。 美しいとさえ・・ “叙述トリック”とか“ラストの暗転”とか書いておきながら言うのもけしからんけど、その程度の予備知識もなしに読んで欲しいかも。
そしてあのバブル絶頂期(?)のステータスが、今となってはこそばゆく、なんともノスタルジック。 長靴型のジョッキとかスマッシュヒット(笑)


イニシエーション・ラブ
乾 くるみ
文藝春秋 2007-04 (文庫)
関連作品いろいろ
★★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/14