※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
そろそろ旅に / 松井今朝子
弥次喜多珍道中でお馴染みの「東海道中膝栗毛」の生みの親、江戸後期の戯作者、十返舎一九の若かりし日々を描いた評伝小説。 あっけらかんとした笑いと、下品さ、バカバカしさを併せ持つ独特の味わいで人気を博し、他人を貶すことには定評のあった滝沢馬琴を以てしても、“最も板元を潤した”(ま、これも皮肉だけども;;)と言わしめた江戸の大ペストセラー本が生まれるまでを描いています。
東洲しゃらくさし」を読んだ時に、脇役として登場した一九に対する今朝子さんの愛を感じたので、何時か書くんじゃないかとにらんでいました。 したり顔のワタシ♪
駿府町奉行所同心の倅として生を受けるも、故郷を飛び出し大坂へ。 東町奉行・小田切土佐守の知遇を得て家臣となるも、またそこを飛び出し武士を捨て町人へ。 商家に婿入りして浄瑠璃作者に名を連ねるも、またしてもそこを飛び出し江戸へ・・ “どこにいても腰がすわらん。すぐ旅に出とうなる”性分で、飄々とした根無し草のような、けれどどうにも憎めない一九のキャラクターをじんわりと満遍無くストーリーに沁み込ませる筆力がお見事。 それだけに、太吉を登場させず、シンプルに勝負してもよかったんじゃないかという気も・・ シリアスな精神性の暗喩がいまひとつ解釈できなくて。 おそらく一九という人物を読み解く上で、重要な部分と判断した今朝子さんの意図が、あの仕掛けに反映されているんだろうけども。
流離いの旅人であり続けたかのような人生の中で、天啓を得た瞬間の如きクライマックスシーンは、やがて山東京伝の影響下を脱却し、ライフワークとして世に問い続ける「東海道中膝栗毛」が生まれ落ちる舞台装置として、凝った演出が効いていて惚れ惚れしました。
時代はちょうど、開放政策の弊害による貧富の差の拡大や、天災が相次いだことにより、社会不安が膨張する田沼政治の末期から、松平定信の“寛政の改革”に始まる引き締め政策へと向かう転換期。 また、浄瑠璃の緩やかな衰退や戯作の勃興により、文化の中心地が上方から江戸へと移りゆく転換期でもあって、時代の変わり目を生きる大坂、江戸市井の様子が、まるで見てきたかのように活き活きと写し取られています。 世の中の変転と一九の足取りがストーリーの螺旋のように絡み合っていく展開にグッと惹き込まれました。
後半ではお馴染みの、馬琴、京伝、蔦重、三馬たちの面々も登場し、一九と交友を深めています。 どのキャラも光ってましたねぇ〜 この辺り、もしかすると興味がなければ退屈な部分なのかなぁと思いつつ、でも自分は大好物なので、こんなに心置きなく彼らの個性を楽しませてもらえて嬉しかったです♪ 一癖も二癖もある輩たちの、その長所をキラッと描いて、みんな憎めない人物に仕立てていく手腕に感服。 登場人物の誰かに加担しないという手法が、この作品をとても好もしいものに引き上げている気がします。
戯作の大家、山東京伝ですら、筆一本では食べていけなかったという時代。 過酷な検閲の最中で、書くことに対する拘りを持ち続けた男たちの心意気が、さり気なく、でもしっかりと息衝いていました。


そろそろ旅に
松井 今朝子
講談社 2008-03 (単行本)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。