お狂言師歌吉うきよ暦 / 杉本章子
踊りの師匠である三代目・水木歌仙に見込まれて、お狂言師の水木一座に取り立ててもらった宿駕籠屋の娘、お吉ですが、諸大名の屋敷に出入りできる有利性を買われ、お小人目付(隠密回り)の手駒として密命を負うことに。 鳥居耀蔵の“四羽目の烏”といわれる勘定奉行の行状を探るうち、公儀にかかわる陰謀に巻き込まれていきます・・
お狂言師というのは、お呼びのかかった大名家の奥向きにあがって、江戸三座さながらの狂言や踊りの芸を披露する女役者のことなのだそうです。 水木歌吉の名を貰ったお吉が、お狂言師として身を立てる覚悟を決めるに至るまでの心情や、お軽勘平道行の立役・勘平の稽古風景、藤娘を踊る見せ場など、芸道小説としての華もありますが、展開としては、徐々に緊張感を募らせていくサスペンスタッチ。 町娘に忍び寄る毒手、娘を守る隠密、淡い恋・・の公式もありです^^
時代は天保の改革の真っ只中。 商家取り潰しが後を絶たず、江戸三座が繁華街から浅草の一角に追われたり、七代目団十郎が江戸追放になったり・・幕藩体制末期状態の中のあの改革です。 あくまで“功罪ともに洗ったうえで、正邪曲直をただす”ことはせず、裁く人間の意のままとばかり、水野忠邦に倣って(?)杉本さんも杉本流で、そうとうに徹底した勧善懲悪趣向の娯楽小説として描いています。 というか、水野忠邦や鳥居耀蔵を好意的に描いた小説にはまだ出会えてませんが;;
杉本章子さんの時代小説は言葉の選び方が美しいし、時代考証もしっかりしているので、安心感があります。 江戸にすぅ〜っと溶け込んでいける幸せを感じます。
で。最終章が・・;; うーん、どうしてあ〜なってしまうのか。 ストーリー以前にそのセンスがわかりません><。 格調高く、折り目正しく、典雅な情趣が滴るほどの世界をぶち壊して、B級的お手軽さで締めるというムチャぶりに近い気が。 どう受け止めてよいのかわからず、ページを閉じて暫し呆然と虚空を見つめてしまいました(泣)

<追記>
宮部みゆきさんの「孤宿の人」を忘れてました! あの耀蔵はなんと滋味深かったことか。(なら忘れるな!)


お狂言師歌吉うきよ暦
杉本 章子
講談社 2008-12 (文庫)
杉本章子さんの作品いろいろ
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/454