くまちゃん / 角田光代
体力が落ちたせいなのか、現代リアル部門がすっぽり抜け落ちてる感のある最近のわたしの読書傾向;; 久しぶりに角田さん、読んでみました。
そうそう、こんな風に、内面を凝視しようとする切実さ、自己と糞真面目に向かい合おうとする痛ましさみたいなものを、チマチマした情動を辿って実に端正に描き上げる方でした。 
俗っぽく言ってしまうと、失恋の連鎖によって転がっていくチェーンストーリー的な連作短篇集で、企画萌え性分なわたしとしては、趣向が面白かったです。 それぞれの章の主人公が次の章の主人公に振られるというパターンを踏まえながら、物語は90年代をゆっくりと下っていきます。 ある人には眼中にないような振られ方をされちゃう人にも、ちゃんとその人が主人公の人生がある。って当たり前なんだけど。
というわけなので、どれも報われないというか、すれ違う話ばかりではあるんですが、失うことによって得るものに重きを置いているため、憑き物が落ちたような、むしろ前向きな読後感。 仕事と恋が分ち難く影響を及ぼし合う20代から30代前半という世代の恋愛模様がフォーカスされていて、生きていくことのせせこましい実相が眼に沁みます。 自分らしさを求めて自分に裏切られたり、記憶から消し去りたいようなブザマな修羅場の一つや二つあるよね。 思いがけない隙をついてやってくる恋にギャフンとねじ伏せられてしまったり、虚無と焦燥に躯が蝕まれていく音が聞こえるような恋だってある。 でもそんな制御不能地帯のあれこれが、他人との距離感や自分の大きさを探る大事な糧となり、確実に人生の経験値となっていることにその時は気がつかないし、どんなに痛手を負っても、やがてまた性懲りもなく恋をする・・ いっぱいいっぱいの逞しさにそっとエールを送りたい。


くまちゃん
角田 光代
新潮社 2009-03 (単行本)
関連作品いろいろ

| comments(2) | trackbacks(1) |
C O M M E N T
すべてふられる話だけど、作者さん特有のブラックさはなく、
どの話もさっぱりとしているので読みやすかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
| 藍色 | 2013/02/01 |

藍色さん、こんにちわ。コメントありがとうございます。
これ確か、タイトルや表紙の可愛さに釣られて読んだ記憶が^^;
負のオーラは発してなかったですよねw
それに構成がキャッチーなので面白かったです。
| susu | 2013/02/02 |









http://favorite-book.jugem.jp/trackback/539
「くまちゃん」角田光代
10人いれば10通りの恋があり、10通りの失恋がある。それが恋なのだ。 四回ふられても、私はまた、恋をした。五回ふられたって、また恋をするのだろう。なんてことだろう。あんなに手痛い思いをしたとい...
| 粋な提案 | 2013/02/01 |