※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
乾山晩愁 / 葉室麟
室町末期から元禄の頃を生きた絵師たちの片影を描く5篇の作品集。 時の権力の陰で、自らの芸術に迷い、また、時代を見極めながら名声や地位を守る道を模索し苦悩する姿が鮮鋭に、そして滋味深く掬い取られています。
それぞれの短篇は少しずつ地続きになっていて、時代の流れと共に日本画の歴史を俯瞰できるような構成にも唸らされます。 特に狩野派の流れを肌で感じ取ることができたのが思わぬ収穫。
日本絵画史上に名を残す、あの絵やこの絵が描かれた背景なども垣間見え、ネットで検索しながら読むと感慨も一入でした。 千利休、松尾芭蕉、井原西鶴らが彩りを添えています。
長谷川等伯は、新内裏の障壁画制作をめぐり狩野永徳と争って敗れるものの、永徳亡き後は一時代を築き、狩野派に苦杯をなめさせます。 しかし期待していた嫡男の久蔵の夭折によって夢は破れ、再び時代を狩野派に譲り、永徳の孫の探幽が時の寵児に。 探幽を超えたいという野心を作品へと昇華させる尾形光琳、探幽の秘蔵っ子であった女絵師、清原雪信の兄で狩野派の問題児だった彦十郎(主役ではないけど忘れられない!)と、英一蝶との思わぬ接触・・といった感じで、登場人物がリンクしています。

【乾山晩愁】 華やかな画才を京、江戸で花開かせた尾形光琳亡き後、その弟の尾形乾山が陶工として、一歩一歩踏みしめるように人生を送る晩年。 天才の名に相応しい美しくも非情な光琳画にはない、洗練された風情の中に素朴な味わいを残す自身の境地に辿り着くまで。 光琳に絡んだ忠臣蔵秘話も。 朝幕間の緊張関係が影を落とします。
【永徳翔天】 狩野派の隆盛の基礎を築いた元信の孫で、画壇の中心としての狩野家の地位を固めた狩野永徳。 狩野家と土佐家による御用絵師としての勢力争いを勝ち抜き、次々と移ろう戦国の権力者に近侍して名声を欲しいままにする。 信長の下で独創的な画才を開花させ、芸術的精神、美の感覚を君主と共有できた得難い体験を熱く胸に秘めつつ、芸術を解さない秀吉に対する失望を権力への固執へと転嫁させていく・・
【等伯慕影】 能登の七尾に生まれ、仏絵師として才覚を表わしていた長谷川等伯。 武田信玄の肖像画制作に抜擢されたことを足がかりに、絵師としての頂点を目指し出世の鬼と化す修羅の道行きの末に、豊臣天下の元で狩野家を押しのけ画業を称えられるに至るも、未来を託した息子の久蔵の早すぎる死。 廻る因果を噛み締めるかのような最晩年の姿が深く沁みます。
【雪信花匂】 江戸期を通して御用絵師の名門として繁栄する狩野派。 その立役者である探幽の姪の娘に当たる閨秀画家の清原雪信(狩野探幽門下の四天王に数えられた久隅守景の娘)は、画才を認められて探幽の直弟子となる。 狩野派内部の派閥争いに巻き込まれながら、絵師としての矜持を捨てず、恋を貫く生き様が活写されると同時に、一大画派の業苦が渦を巻きます。
【一蝶幻景】 狩野派を破門された放蕩者であったが、和歌から俳諧への変遷期、風雅の道に才を発揮し、また、浮世絵の初動期にあって都市風俗画で人気を博したという英一蝶。 絵師として飛躍する契機にもなった島流しに至る経緯が、大奥を舞台とした幕府と禁裏の軋轢や忠臣蔵ミステリと絡めて仕立てられているところが巧者です。


乾山晩愁
葉室 麟
角川グループパブリッシング 2008-12 (文庫)
関連作品いろいろ
★★★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。