ダブル・ジョーカー / 柳広司
“魔王”こと結城中佐率いる帝国陸軍秘密諜報機関“D機関”の暗躍を描いて喝采を浴びた「ジョーカーゲーム」の続編です。 帝都東京、中国大陸の前線部隊、仏印(フランス領インドシナ)、ナチス政権下ドイツ、アメリカ西海岸と舞台を移し、今回も多角的スケールで、太平洋戦争前夜の水面下の緊張を活写します。 小気味よく切れ味よく、相変わらずスタイリッシュ〜♪
戦局に翻弄される軍人や庶民の足元の感情にスポットを当てることで、パーソナリティを捨てた男たちのクールな生き様がより深い陰翳を刻む・・というテクニックが前作以上に端的に顕れていた印象です。 ドイツ人スパイハンターのヴォルフ大佐の回想によって、“魔術師”の異名を残した現役時代の結城中佐を垣間見れたことがファンには美味しかった^^ 鉄壁の仮面から僅かにこぼれ落ちる人間味・・そこが堪らんシリーズでもあるんだなぁ。
日本の敗戦を冷徹に見越した上で、自国の被る不利益を食い止める観点から、太平洋戦争を回避させるべく、帝国陸軍やヨーロッパ諸国やアメリカの動向を適宜に捉え、開戦へと傾斜させようと蠢く不穏な目論見を速やかに潰してきたのでは・・ それがD機関の(結城中佐の)究極の指針ではなかったでしょうか。 悲しいかな日本に結城中佐は一人しかいなかった・・ということか。 そして病気や不慮の事故はD機関を持ってしても回避することはできない・・そこに否応ない人間の限界が、歴史を狂わす罠が、あるのかもしれません。
平時におけるスパイ技術“死ぬな殺すな”の理念のもとで華麗なる暗躍を見せてくれたD機関は、開戦と共にその役目を終える・・というニュアンスで締めくくられた第2弾でした。 なんともほろ苦い幕切れです。ぐすん。


ダブル・ジョーカー
柳 広司
角川グループパブリッシング 2009-08 (単行本)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/584