※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
きりきり舞い / 諸田玲子
小町娘と持てはやされてきた十返舎一九の娘の舞も、気付けば婚活ラストスパート(?)なお年頃。 嫁き遅れてなるものかとばかりに虎視眈眈と玉の輿を狙っているのですが、思わぬ茶々や横槍が入って難行苦行。 さてその前路は如何に。
大ヒット作「東海道中膝栗毛」で一躍名を挙げてから書きに書きまくり、江戸で唯一の専業作家となった当代人気戯作者の十返舎一九ではありますが、一家は銭に窮する貧乏暮らし。 そこへ婚家を飛び出した北斎の娘のお栄が転がり込み、得体のしれない浪人者が居候し、我が物顔でのさばり始める始末。
長年の大酒が祟ってそろそろ身体に支障を来たし、偏屈や癇癪持ちに磨きのかかる一九を筆頭に、さながら奇人屋敷の様相を呈する我が家で、舞の過ごす“きりきり舞い”の日々。 パワフルで朗らかで気軽に楽しめるサクサク本。
常人離れした絵師も戯作者も、身内にとっては厄介な生き物に他なりませんが、そこを超越した家族や父娘の慈しみが、湿っぽくならずにサラッと温かく描かれていて、筆にも安定感があって、良質だと思いました。
筋立ての中で一九の前半生や出自の謎が紐解かれていくのですが、小田切土佐守との関係が 「そろそろ旅に」とは、また違った説を採っていて興味深いです。
そういえば、北斎が吉良家の剣客であった小林平八郎の子孫だと自分で(笑)言い触らしていた史実に絡んだ小粋な怪談話が盛り込まれているのが高ポイント♪ (希代の引っ越し魔で居所知れずの北斎は、影や噂だけで実際には登場しなかったのがちょっと淋しい・・)
ただね。個人的にはキャラが微妙。 お栄に萎えてしまったのが痛かった。 いや、これはこれでありなんだと思うんだけど。 杉浦日向子さんや山本昌代さんの洗礼を浴びた身には、プシュ〜っといろんなもの(あからさまなファザコンぶりや、子供じみた意固地さ、いぢましさとか・・)が滲み出し過ぎるのが気に障ってしまいました。
秘めた情熱の凄まじい抑圧によって、不細工でも底知れない色香が漂う、徒で伝法で投げ遣りなお栄ちゃんに恋しているので・・


きりきり舞い
諸田 玲子
光文社 2009-09 (単行本)
関連作品いろいろ

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。