※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
怪奇な話 / 吉田健一
著者最晩年の短篇集。 「生き屏風」を読んだ時に解説の東雅夫さんが、確か、同じ係累の作品に挙げておられた本なので、期待値がん上がりで手に取りました。 東さん・・うらめしや。
挫折しそうになりながら、執念で通読しました。 今、気持ち的にテンパッていて集中しきれなかったからなのか(言い訳臭い)、文章が咀嚼できなくて辛かった。
こういう表現が適切かどうかも不明ですが、手強い仏文学の訳書でも読んでるみたいな文体なのです。 微妙に崩れた(と感じさせる)回りくどい長文の高説に悪酔いして、想念の海の真ん中で沈没した短篇もあったし、馴染みのない受動と能動の言い回しや、指示代名詞の氾濫に殺意をおぼ(ry・・ いや、あの、比喩的にそのくらい苦痛な短篇もあったり;; でもそこを耐えて読んでいると、不思議なもので、この慣れない“真性インテリジェンスな味”に、少ぉーしだけフフンって思える瞬間が訪れたりもして・・ 文体に馴染めれば、相性そう悪くない気もするんだけど。
内容としては、不可思議な事象に遭遇したり、化かされたり、魅せられたり。 まさしく“怪奇な話”が9篇収められています。
常識として怖いということになっている未知なるもの(こと)に対峙した時の主人公たちには、酔狂でそれらと交歓してしまうくらいの余裕があります。 一見、淡々と飄々と、何食わぬ素振りで描かれていきますが、実は強いメッセージ性を秘めてる感じ。 無知がもたらす闇の恐怖からの脱却・・みたいな。 呑まれるのではなく、あくまでも対等に怪奇を享受する精神。 知れば知るほど知り得ないことの多さを知る・・その先の怪奇こそが高尚なる怪奇というものだ・・的な。
比較的読みやすかった「山運び」が一番好きです。 どこか英国風ユーモアが漂っていて、魔法使いも召使の小悪魔もチャーミングだったし、人が(傍から見て)意味のないことに心血を注ぐ時、その内面にうねる小宇宙の美風を垣間見せてくれて。
「化けもの屋敷」も好み。なんて逆説的なタイトル。 あと、北陸の宿屋で、女の幽霊としっぽり酌み交わす男の内面を追っていく「幽霊」もよかったな。 あるかなしかのとぼけた風情が何とも言えず。 ある意味アンチ怪談話。
いってみれば、どの短篇も従来の怪談話を裏返してしまうような色合いがあります。 抒情とか鳴り物とか先入観の一切合財を遮断し、誰とも共有し難い、主人公だけの熟成された精神からこぼれ落ちた観念の発露であるかのような怪奇として描かれています。 それは、拡がった我が身の一部に属するものであり、怪奇にして怪奇にあらず。 誰にも確かめようがないのだから・・
バタ臭くエスプリの効いた70年代頃の文学の香りが濃厚なので、素養がある方には、逆に凄くフィットするかもしれないです。 結局のところ、作品に鑑みて、あまりにわたしが不案内に過ぎたということに尽きるのですが、いい経験になりました。


怪奇な話
吉田 健一
中央公論新社 1982-01 (文庫)
関連作品いろいろ

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。