蒼林堂古書店へようこそ / 乾くるみ
扇町商店街の脇道沿いに、ひっそりと店を構えるミステリ専門の蒼林堂古書店。 店の奥には、こぢんまりとした喫茶スペースがあり、100円以上の売買をした客に珈琲をふるまうサービスを提供中。
日曜日の昼下がりになるとミステリ愛好家の常連が集い、人畜無害な秘密結社のアジトよろしく、吹き溜まりのような一角に長っ尻を決め込んで、自らが遭遇した身近な謎を持ち寄ってはミステリ談義に花を咲かせます。 傍らに鎮座する黒猫も顔馴染みの一員。 この、まったり空間が素敵ったらない!
実はその奥に犯罪が・・ということの一切ない、“ザ・日常の謎”ミステリの連作集。 探偵役を務めるのは古書店主(兼ミステリ書評家)の林雅賀。 パソコンが意外と活躍しておりますな^^
一篇が短いので、推理というより頓知に近い感じ? ちょっとした頭の体操的な。 でも、あくまで謎解きパートが生命線の作品。 物語性を求めて読んだら肩透かしかもしれませんが、気負いのある人物描写や、安手の抒情オチが皆無に等しい分、無駄なグズグズ感がないので、自分はとても読み易くて肌に合いました。 読むそばからサクサク忘れていきそうではあるんですが、こんなお手軽さが気分転換には最適なんです!
密室、毒殺、暗号解読などのフォーマットが、形を変えて日常レベルに応用された一話一話をホクホクと楽しみながら読み進めると、最後に長編として思いがけない物語が浮上するんです。ふふ。 まさに“ピュアハート・ミステリ”でした〜。
・・ってこれ、作者がライト感を醸し出すことに自覚的であることと裏腹に、長編として凄んごい凝った仕掛けが施されているんだよねぇ。 そういう意味で、すまし顔して贅沢感も味わえちゃってるギャップが更にポイント高し。
各章の末尾には、話題に上ったミステリ作品を系譜ごとに紹介する“林雅賀のミステリ案内”というブックガイドの特別付録が付いています。 あくまで作者ではなく林雅賀の〜ってところがミソ。 ラストのラストで小面憎い演出が♪ ククッ。


蒼林堂古書店へようこそ
乾 くるみ
徳間書店 2010-05 (文庫)
関連作品いろいろ

| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/664