私の家では何も起こらない /恩田陸
日当たりのよい小高い丘に建つ二階建ての古い家は、何人もの持ち主の手を渡りながら、忌まわしい事件に彩られてきた過去を持つ幽霊屋敷。 先史時代には先住民の聖地だったという伝説も囁かれる場所に建つ、一つの家にまつわる記憶、来歴をめぐる物語。
小さな破風とポーチ、崩れかけたウサギ穴、風にそよぐ林檎の木、地下の貯蔵庫に並ぶ小壜、壁に掛けられたスケッチ、アップルパイの焼ける匂い・・ 明るく穏やかな日常風景と、その背後の暗闇に封印されたものたちの気配、息遣い、影。
バートンの「ちいさいおうち」、ポーの「黒猫」、農場、ジンジャー・クッキー、ピクルスの瓶詰などなど・・ 明確な記述はないけれど、そこはかとなくアメリカン・カントリーな香りを湛えたゴースト・ホラーです。
幽霊譚なので当然といえば当然なから因果、因縁モノです。 つまり“訳あってそこに棲んでいる”わけなのですが、死者はすでに、かつての悲惨も狂気も纏っておらず(なぜならそれらは生者たちのものだから)、 記憶や想念は時空の中に茫漠と蓄積されるだけで、幽霊たちはただ、無念無想の境地で漂っているように感じられます。 そこに意味を求め、熱を与えるのは常に生者。 幽霊は生者各々の想いを反射する鏡のような存在ではなかろうか。 わたしの読後感として残った、この物語の幽霊たちが纏う幾許かの諦念や悲哀さえもまた、作者が込めた想いの反射の一部ということになるんだろうなぁ・・と。
丘の家の時代毎の局面で、幽霊と対峙し、さまざまな情動に明け暮れてきた生者たちも、一人、また一人とあちら側に呑み込まれ、無色の蓄積物となって後の生者に色づけを委ねていく。 そんな上書きを繰り返しながら、痕跡を綿々と刻んでいく人の世の不思議・・
物語を通して、“理不尽な搾取”というキーワードが見え隠れします。 もしかすると遠い遠いインディオの記憶や想念が、地層の最深部に眠っているのかもしれない。 それに感応せずにはいられなかった生者たちの想いが、この土地の、この家に、狂気の磁場を作り上げてしまったのかなぁ・・などと夢想してみる。 どこか、レクイエムのような趣きも漂わせつつ、そしてまた、蓄積され続ける歳月の重さという深遠なものを突き付けられているような感慨もお覚えつつ・・
詩美性とでもいうのか、クラシカルなムードで牽引する恩田さんらしさが如実に現れた、ひんやりと優雅な逸品でした。


私の家では何も起こらない
恩田 陸
メディアファクトリー 2010-01 (単行本)
関連作品いろいろ

| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/676