※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ふらんす怪談 / アンリ・トロワイヤ
[澁澤龍彦 訳] 1939年、フランスの作品。 翻訳されたのは1957年(昭和32年)。 原作のタイトルは「共同墓地」だったという。 タイトル通りに、死や幽霊にまつわる短篇が集められている。 でも、恐怖ものというよりは、世にも奇妙な物語風? ちょっとゾワっとしたり、ちょっと滑稽で、ちょっとブラックで、ちょっと哀感があるかないかくらい。 そしてオチがある。 リアリズムの作家といわれるトロワイヤにとってこの作品集は“お遊び”的なものであったようだ。 訳者の澁澤さんにしても“ふっと翻訳してみたくなっただけ”と語る。 大作や名作とはまた違う、昔の異国の息抜き的な小品に浸りながら、なんともいえない贅沢な一時を味わった。


ふらんす怪談
アンリ トロワイヤ
河出書房新社 1987-10 (文庫)
アンリ・トロワイヤの作品いろいろ

| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。