※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
写楽まぼろし / 杉本章子
差し詰め“写楽○○説”に連なる系譜の作品ではありますが、江戸文化最盛期の偉大な担い手の一人であった蔦屋重三郎の評伝小説という視座から、写楽像に切り込んでいくという趣向が採られています。
安永、天明、寛政期における江戸出版界の立役者的存在であり、綺羅星の如き絵師や戯作者をプロデュースした蔦重が、吉原の大門口に開いた小さな絵草子屋から身を立て、類い稀なる先見の明で、通油町に店を構える一流の地本問屋にのし上がり、やがて寛政の改革で時制に媚びずに凋落するまで。
この時代、蔦重を主役に据えようものなら、もうそれはそれは文化人がザックザクってなことになってしまうわけでありまして。 美味し過ぎます♪ 大盤振る舞いなんかじゃなくて、当たり前に出てくるから凄いんです。
ざっと挙げると、平賀源内、喜多川歌麿、恋川春町、朋誠堂喜三二、大田南畝、山東京伝、そして東洲斎写楽。 何らかの差し障りが生じて戯作から身を引いたという志水燕十が、こんな風に肉付けされてしまうなんて! (馬琴や一九も蔦重の恩を受けていますが、活躍するのはチョイ後ですね・・)
わたしは「じょなめけ」で知ったんですが、蔦重にとって初代中村仲蔵は親戚筋に当たるんですよねぇ。 当然、杉本さんがそこを見逃すはずもなく、仲蔵がしっかり物語に食い込んでいるのも嬉しかったです。
蔦重の人間性や生き様を紐解いていく先に見えてくる写楽・・ なぜ10ヶ月という短い期間に大量の芝居絵を残して忽然と消えたのか、なぜその間、急激に画技が衰えたのか、なぜ蔦重はここまで写楽に入れ込んだのか、なぜ実像が見えてこないのか・・ 要所要所で丹念に史実と整合させる基軸の間に、大胆な秘話を織り混ぜながら、杉本章子流の構想が一幅の絵のように浮かび上がってくることに唸らされます。 それと同時に、写楽へ辿り着く論拠で瞠目させるというよりは、人情味溢れるドラマチックな一篇の物語小説として愛され、称えられるに相応しい作品のように思った次第です。
仲蔵が病没し、春町が自害し、喜三二が筆を折り、南畝が変説し、歌麿が離反し・・ 蔦重の晩年を読むのは、いつもいつも辛いんですが、奥行きのある人物なので、作家さんによる味付けが楽しみで仕方がないんです。 本編は、何かこう、写楽という舞台装置を使った蔦重への手向けのようにも思えるのでした。
杉本章子さんは、時代考証が盤石なので、疑り深くならずに安心して江戸情緒に浸らせてもらえるような心持ちになります。 粋と品の良さを兼ね備えた江戸市井の空気感が大好きです。


写楽まぼろし
杉本 章子
文藝春秋 1989-01 (文庫)
杉本章子さんの作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。