※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
封印再度 / 森博嗣
萌絵、学部3年生のクリスマスから、晴れて正式に犀川研の一員となる4年生春まで・・って、これはバックグラウンド・ストーリーのハナシですが、この5作目で一つの山場というか区切りを迎えた感が濃厚で、がっつり喰いつかせていただきました。
失うということは、失うことを得るということなのですよね。 今回、犀川先生の鎧が外れて、先生的にはバグってしまった格好ですが、バランスを崩すところに美があり、そこにもっと崇高なバランスが存在する。 完璧になれるのに一部だけ欠けた、その微小な破壊行為がより完璧な美を造形する・・そんな日本的美意識に取材したテーマ性と相俟ってか、犀川先生の不安定さがとっても美しかったのです。 こんな・・幼気で純情でプリミティブなハート。 プロテクトせずには生きてこれなかったよね。 図らずも犀川先生の真心が剥き出しになった愛おしい一冊。
コントロールできない未知の情動に隷属する畏れの中の恍惚のようなものを先生は・・ちょっと味わってしまったかもしれない。 最も深いところに押し込めた感情があまりに綺麗だったから。 矛盾を許容できることが優しさなのだとしたら、犀川先生は少し・・優しくなったんじゃないだろうか。 この、らしくない不合理な優しさの作用で幕引きされる事件。 これは犀川先生の劣化ではなく成熟なのだとわたしは思いたいです。熱烈に。
どっちかが優位に立つと、また覆され・・みたいに一作一作、まるで切磋琢磨(?)するかのごとく犀川先生と萌絵の関係が進展していくのが非常に楽しみなシリーズ。 今回はわたし好みの萌絵優位バージョン(の極み)でした。 打てば響く萌絵を打って響かせる犀川先生。 その逆もまた然り。
言葉の綾取りのような2人の掛け合いがますます冴えてきて、2人にしか醸し出せない絶妙のハーモニーを奏でています。
↓この会話が好き。 “ラッコが持つ貝殻のような”犀川先生のプライドが滲み出ていてキュンとなる。
犀川 「うん・・・。美味しいけど、これ、見かけは悪いね」
萌絵 「そういうときは、見かけは悪いけど美味しいね、って言うものよ」
ミステリパートにもお義理程度に触れておきますと、由緒ある純和風の旧家で起こる不可解な密室刺殺事件と、代々伝わる2つの家宝、壺と鍵箱の秘密。
やっと気づいてきたんですが、“森ミス”というのは、いわゆる本格ミステリとはどこか・・一線を画するものがありますね。 本格でいうところのトリックというよりはレトリック的な・・ちょっとずるぅ〜いという印象が紛れ込むのが森ミスクオリティ。 正真正銘の“意外性”を発揮している作品が多いんですが、ミステリの読者は本格の秩序を逸脱しない範疇の意外性しか求めないので、好みが分かれるんだろうなぁ。
本作も、なんというか肩透かしの連続なのだけれども、そこには意味深な作為が顔を覗かせているから面白い。 全ての核心である壺と鍵箱のメカニズムが解き明かされる時、2人にこんな遣り取りをさせているんです。 まんま作者と読者にスライドできそうでニヤッとなります。
犀川 「でも、君は知らないかもしれない。たとえ知らなかった場合も、怒っちゃだめだよ」
萌絵 「どうして私が怒るんです?」
犀川 「さあね・・・、それは永遠の謎だ」
で、ホントのとこ、やはりこれって森さんのオリジナルなのですよね? 愛知・岐阜地方はからくり工芸の宝庫であるらしく、もしやこんな手妻というのか小細工の伝統が残っていたりする・・? 元ネタがあったりするのかしら? なんて夢が膨らんで、いったいどっちなんだろう〜と、ワクワク、ゾクゾクしてしまいました。 怒る気など毛頭ございません。
鼻を雪だらけにしてラッセル車ごっこする“四輪駆動”のトーマ可愛ゆっ♪


封印再度
森 博嗣
講談社 2000-03 (文庫)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。