※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
有限と微小のパン / 森博嗣
シリーズ完結作です。 あの惨劇から3年半。 そうか、1作目と10作目・・つまり最初と最後に、偉大な知性の持ち主である真賀田四季博士を配する構想だったんですねー。
このシリーズ、“理系ミステリ”と称されますが、思想哲学、生物学、民俗学など、いろんなエッセンスが配合されていて、けっこう文系ホイホイ的な読み物に仕上がっていたと思うんです。 自分のハマり方から逆算して。 考えてみたら犀川先生の専攻する建築学って、理系にも芸術にも踏み込み易い位置にある分野ですし、建築から館、さらには密室という命題へと容易に連想の及ぶ構図がしっかりと踏まえられていたんですよね。
日本最大のコンピュータ・ソフトメーカーが経営する巨大テーマパーク(モデルはハウステンボスのようです)を舞台に、“印象派の絵画をそのまま立体造形したかのような”イミテーションの町で繰り広げられる連続殺人事件。 装飾過多、超自然的な演出たっぷりで、天才の影によって歪んで見える時空が、場所と連動してバーチャル感を掻き立てます。 物語の進行自体がRPGのダンジョン仕立てのようで、まるで「殺人事件ツアーのアトラクションに登場人物たちが参加」しているみたい。 これも、作者の思惑なんですけど。
すみません。うっかり喋り過ぎたので反転しておきます>< でも読んでて誰もが普通に抱く感想なんだよね・・ それが大ヒントという・・
犀川先生が何時になく本気モードだし、満を持してのラスボス対決を初っ端から予感させる緊迫感があっで、森作品には珍しく(?)ワクワクドキドキのリーダビリティ。
シリーズの幕引きとしては、そこをほったらかすかよ! みたいな確信犯的肩透かしが実に森さんらしいというか、意地悪だなーと(笑) 後になって思えば、萌絵に対するあのつれなさは、犀川先生が孤城落日を認める直前の、なけなしのプライドだったかも・・と、思わないでもないんですが、萌絵に代わって抗議するぞっ! とか、まずはそんな軽薄な感想しか浮かばなかった自分・・orz でもね、時間が経つに連れてラストシーンの余白の周りをわらわらと気持ちが駆け廻って、ほんのりと満たされていきました。
萌絵が真賀田博士と犀川先生を両極に置いて、死と生を隔離していたように、犀川先生もまた、真賀田博士に象徴される、完璧で自己完結した静かな内なる理想世界と、萌絵に象徴される・・何といったらいいか、意志ではコントロールできない不確定さを孕んだ、外気に曝された有機的な現実世界とを相容れないものとして認識していたところがあるんだが、その相容れなさを許容する矛盾という概念の美しさに目覚めていくんだよね。 ぶっちゃけた話、本能を封じ込めることが究極の人間性だと確信していた学者が恋をしてしまった・・そのパラドックスからの脱出が犀川先生の物語だったんだろうね。
あの暗闇の中で、萌絵は両親の事故死以来、初めて自分と向き合い、死を、孤独を受け入れたのだと思います。 犀川先生の問いに対する答えが、萌絵の中の“全て”ではなく“大部分”であるというところに、一種の防衛本能であった犀川先生に対する盲目的な信奉というか、自分自身にかけ続けた麻酔を払拭した心の解放をみる想いがしました。
そんな2人の精神に侵入することのできる真賀田博士が、サジェスチョンを与える存在として、導き手として、ずっと中核にあって役割を担っていたような・・まぁ、そんな幻想に浸ってしまうのです。 3年半のプロローグを費やして、一片のパンに辿り着いた2人の本当の恋愛は、ここからスタートするのですね。きっと。
真賀田博士の背中が・・ そんなはずはないのにね、何故かどうしようもなく寂しそうで。 犀川先生が見送ってあげて本当によかったと、訳もなく泣けてきてしまった・・ってどういうこと? なんかね、萌絵と犀川先生、そして真賀田博士の3人は、切り離せない表裏だったのではないかという想いにふと囚われる。 これは明らかに飛躍のし過ぎなんだけど、真賀田博士は萌絵と犀川先生の人格の中の一部であり、彼らの中の“パン”に背馳する象徴だったんじゃないかって・・ まるで、萌絵と犀川先生の“その”部分をそっくり引き受けて去って行こうとしているみたいな後ろ姿に見えたんだと思う。 更に妄想すれば、萌絵と犀川先生もまた、僅か残された“パン”に繋がる真賀田博士の一人格だったのかなと。 パンと決別する博士の哀愁が、“一口だけかじられた”中に凝集されていた気がして、切なかったのです。たぶん。
はぁー、終わっちゃったー。 最近、年のせいか、心理描写に触れた時の感情過多になりがちな自分を嫌がる傾向にあるので、クールでドライでさらさらした物語の感触を好もしく受け止めて読みました。 思考の中に滑り込もうとする欺瞞や偽善や感傷を監視していて、その侵入を徹底的に許さないような潔癖さには少々疲れを感じましたが^^;
森さんは人間の知性に対してとても肯定的。 少なくともこのシリーズでは一貫してそうでした。 人間の脳の特殊性に価値を見出し、その可能性を信じている人だなぁーと感じました。 それだけに、頭脳をフル回転させて初めて到達できる、生命を切り捨てるまでの静寂の世界を知る人でなければ読み込めない境地が、森作品にはあるのでしょうねぇ。


有限と微小のパン
森 博嗣
講談社 2001-11 (文庫)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。