※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
カーデュラ探偵社 / ジャック・リッチー
[駒月雅子 他訳] カーデュラは、落魄れてしまった元貴族の伯爵(故郷は東ヨーロッパらしい)なのですが、現在(1970年代?)はアメリカに渡っており、人間離れしたタフガイっぷりを発揮して(空も飛べるので尾行が上手w)、生活のため探偵稼業に勤しむ日々を送っています。 でも営業時間は夜間のみ。
夜間営業ゆえか、警察に相談できない訳アリな依頼人満載のカーデュラ探偵社の事件簿7篇と、探偵を始める前の番外編(お金を稼ぐためボクサーに志願しちゃってるんですが、もちろん試合は夜間のみw)1篇を合わせたカーデュラシリーズ全8篇に、既刊の邦訳短篇集には未収録のノンシリーズ作品5篇を加えた本邦オリジナルの短篇集。
あちこちに分散したり埋もれかけていたカーデュラシリーズを一冊にまとめた完全版は、なんとこれが世界初なのだとか。GJ! 「クライム・マシン」に数篇収録されていたのを読んで以来、この完全版の刊行が、それはそれは待ち遠しかったです。
我らがカーデュラは全身黒づくめの紳士。 仕立てのよい服は幾分くたびれておりますが^^; “暫く陽の光を浴びたことがないような”なまっちろい顔色をしていて、糸切り歯が長くて、故郷の土を入れた煙草入れを持ち歩いていて・・などなど、バレバレの符丁がいっぱい。 カーデュラ(Cardula)という名前も、もちろん“アレ”のアナグラムです。 ただしカーデュラが“アレ”であることは、本文中ただの一言も記されてはおらず、遠回しな状況表現を積み重ねることで、痒いところをコショコショされるようなユーモアが作品中にどんどん充満していく感覚・・ それが絶妙にカーデュラを引き立てるんですよねぇ。
“人間の不実さにほとほと嫌気が差して”しまったカーデュラは、従僕のヤーノシュに「なんて物騒な世の中だろうね」などとこぼしちゃってます^^ “世間一般の印象とは裏腹に”道義をわきまえた正直者なのですが、軽やかに人間の法律を飛び越えて、カーデュラならではの価値観で悪事に制裁を科す超人っぷりが、一つの持ち味にもなっていて、ダークとロマンとウィットの混合物が堪らなく小粋。
そうそう、宿敵、ヴァン・イェルシング三世教授(時代を経て、若干綴りが変わったのかしらw)も登場します。 あとね、カーデュラ流デートの誘い文句に悶絶しました^^ ドライなユーモアとツイストの効いたクライム・コメディ・・ リッチー、好きだよー。 亡くなる年までカーデュラシリーズ書いてたんだねぇ。 もっと読みたかったなぁ。


カーデュラ探偵社
ジャック リッチー
河出書房新社 2010-09 (文庫)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。