物しか書けなかった物書き / ロバート・トゥーイ
[小鷹信光 他訳][法月綸太郎 編] メジャーな成功とは縁遠くも目利きのファンに愛されたという異才、トゥーイの本邦オリジナル短篇集です。 “悲運の作家”などと評されることがあるようですが、そんな異名もトゥーイにあっては眩しい勲章のように感じられてしまうのは何故だろう。
奇想に富んだ短篇小説のスペシャリストですが、その、ナンセンスでオフビートな作風の基軸をなすのはクライム・ストーリー。 作品ごとに意表を突く多彩な癖球を投げ分けてくれるのに、気がつけばあれ? どれもクライム・ストーリーを逸脱していないんだね。 そんなところにも、ふと、職人気質的な頑固さが垣間見える気がして。
どの作品にも不条理感がそこはかとなく漂います。 振り回される人々の徒労や葛藤や諦念が、ユーモアとペーソスで彩なされていく。
社会の底辺で苦境に立たされ、ドロップ・アウトの境界線上を綱渡りしているかのようなダメダメな登場人物たち。 孤独で荒涼とした、それでいてどこか滑稽な悲哀というのか、むしろいっそ、悲哀を剥奪された悲哀とでもいうのか・・ だけど、彼らによせる作者のさり気ない共感や愛着のせいか、そっと愛おしい肌合いが紛れ込んでいて、思わぬ瞬間キュンと胸熱に・・そんな場面が何度もありました。
一番好きだったのは幻想小説の趣きの強い「墓場から出て」。 収録作品中、最も陰鬱なホラーなんだけど・・惹き込まれました。 回復ではなく執行猶予のような息苦しさに曝されながら、トワイライト・ゾーンを揺曳する剥き出しの魂。 それでも生き延びているしぶとさと倦怠が、爛れそうなくらい沁みてきて。
あと、アル中の三文作家が書き続けているハードボイルド小説の主人公が、お払い箱にされないために必死に延命策を講じる「いやしい街を…」が大好き。 “ここ三作ばかり一粒の飯も口にしていない”とかボヤいてたり、クスクス笑いながら読んでるうちに、生き延びようとする健気さが段々切なくなってきて・・わたし的に胸熱度No1でした。 あっ、No1はやっぱ「八百長」かなー。悩む>< ツイストの効いた作品群の中にあって、巧まざる文芸として不滅だと思った。 素晴らしかった。 主人公へのシンパシーが訳もなく疼いて、ラスト、ふっと笑って、ポロポロ泣けて・・
ていうか、全ての短篇がレベル高すぎ! “偶然警報発令中”的な物語の拘束性をグロテスクに皮肉った「階段はこわい」とか、奇天烈な超感覚で小説家を揶揄ってみせた「物しか書けなかった物書き」とか、30年代黄金期探偵小説へのオマージュにして、EQMM編集部まで特別出演させてしまった「犯罪の傑作」とか・・
「支払い期日が過ぎて」もお気に入り。 杓子定規を振りかざしてずかずか踏み込んで来る法律や権威を手玉に取った言葉ゲーム(叙述トリックですね)が小気味よい超絶報復譚。 似た着想の名品がリッチーにもありますね。ふふ・・楽しい。


物しか書けなかった物書き
ロバート トゥーイ
河出書房新社 2007-02 (単行本)
関連作品いろいろ
★★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/739