※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
プークが丘の妖精パック / ラドヤード・キプリング
[金原瑞人・三辺律子 訳] 日本では“インド物”の冒険譚で知られるキプリングですが、1906年に刊行された本書は、イギリスの子供たちのために、イングランドの歴史を紡いだ物語で、故国を愛する想いが生き生きと漲った生粋の“イギリス物”です。 百年の時を経て本邦初訳(!)なのだとか。
確かに、日本の子供たちが読むにはちょっとマニアックよねー。 でも、今回の古典新訳文庫版のように、今まで大人向けに紹介されてなかったのが不思議なくらい。 光文社さん、よい仕事をしてくださいました。 イギリス史に不慣れなので、ところどころちょっと保留ということで^^; 時代の香気と詩趣溢れんばかりの典雅で力強い息吹きを胸いっぱい吸い込ませてもらいました。
ダンとユーナの幼い兄妹が、夏至の前夜、夕闇の牧草地で“妖精の輪”(緑が一段と濃くなった丸い場所)を舞台に、シェークスピアの「夏の夜の夢」を演じていると、戯曲の中に登場する妖精のパックを呼び起こしてしまいます。 ケルト神話のプーカをルーツとするパックは、イングランドで最もポピュラーな悪戯妖精。 19世紀初めには、パック以外の全ての妖精が既にオールド・イングランドの地を離れてしまっているのですが、たった一人(一匹?)でプークが丘に棲んでいます。 茶色の毛で覆われた古い小さな“丘の住人”は、オークとトネリコとサンザシの木がある限り、マーリンの魔法の国を離れないのです・・ きゅん><。
そのパックを案内役に、イングランド・・とりわけ兄妹の暮らすペベンシーという土地に関わる歴史を連作形式で紐解いていく趣向。 英仏海峡に臨むペベンシーは、数多の民族が侵略と防衛に明け暮れた中世において、その興亡を見届けてきた土地なのですね。 ノルマン人の騎士やローマ軍の百人隊長がパックの魔法で兄妹の眼前に甦ります。 時代のうねりに呑まれながら懸命に乱世を生きた身の上の一端が、彼らの言葉で滔々と語り始められると、兄妹は何時しか夢中で聞き入ってしまうのでした。
パック自身が語る一話目の「ウィーランドの剣」は、数千年前に、一帯が湿地(マーシュ)だった頃のペベンシーにやってきた鍛冶屋の神のウィーランド(スカンジナヴィアのトールの血筋?)が、時代が下ると共に人々から見捨てられ、やがて“ウェイランド・スミス”と呼ばれる一介の鍛冶屋として、俗世にまみれて働いたという話で、二話目に登場するサクソン人の見習い僧と、ノルマン征服の数年前に数奇の出逢いを果たします。 ルーン文字の刻まれたウェイランド・スミスの剣は、民族を越えた友情を育て、黄金をもたらし、時を経て黄金は法律へと生まれ変わる・・ 見習い僧(のちの騎士)に贈られたウェイランド・スミスお手製の剣と挿入詩とペベンシーという土地が、時代の異なる物語同士を誘導灯のように繋ぎ止め、予兆めく印となって眼に見えない連鎖を生じさせていきます。
ヘイスティングズの戦いで一戦交え、固い友情で結ばれたサクソン人とノルマン人の騎士が年を取り、聖地巡礼の船旅に出るも、デーン人の海賊船に捕えられ、ゆくゆく西アフリカ(ガーナ河口のマングローブの林)まで船を進める冒険譚「騎士たちのゆかいな冒険」や、帰国後の二人の協力を得て、ペベンシー地方の指揮官が知略を廻らせてヘンリー王とノルマンディ公ロベールによる跡目争いに絡んだ領主たちの反乱を食い止める「ペベンシーの年寄りたち」など、ノルマン朝時代の物語にワクワクしました。
でも、わたしが一番心惹かれたのは、西ローマ帝国の末期、ブリテン島からローマ軍が撤退する前夜、ローマからの援軍もないままハドリアヌスの長城でピクト人らの侵入を食い止めていたブリテン生れの若きローマ人の、誇りと荒みと怒りと悲しみに満ちた「大いなる防壁にて」や「翼のかぶと」。 ローズマリー・サトクリフは、この物語に触発されてローマン・ブリテン三部作を描いたといわれています。 まったきローマが沈みゆく今、この時。 歴史の節目に生を受けた者の脈打つ鼓動に胸を突かれる物語でした。 余談ですが、この数年後でしょうか・・407年、ローマ軍がブリタニアから完全撤退して以降、ブリトン人の指導者アンブロシウスがサクソン人相手に戦い、アーサー王伝説が生れたんですねー。
「図面ひきのハル」は大航海時代の裏話のような、「宝と法」は、マグナカルタ制定の秘話のような物語。 そして、わたしのもうひとつのお気に入りは「ディムチャーチの大脱出」。 悪名高きヘンリー八世の時代、イングランドを見限り去っていく最後の妖精たち・・ 眠気を誘うホップの香りに包まれた乾燥所(オーストハウス)で、ランタンの灯りに照らされて語り合う、しっぽりとした情景が、この物語の物悲しくも甘やかな幻想美を際立たせているように感じられるのでした。
1910年には、続編「ごほうびと妖精」が出版されているそうです。 どうか、是非、翻訳して頂けないものか・・ 二冊は、イギリスの子供たちに正しい歴史を教える意図をもって著されたといいます。 その意図の、ほんの微かな隙間に、妖精たちが棲めなくなった故国への憂愁が混じっていはしなかっただろうか・・と、そんなことを想ってみたくなりました。


プークが丘の妖精パック
ラドヤード キプリング
光文社 2007-01 (文庫)
関連作品いろいろ
★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。