※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
一九三四年冬―乱歩 / 久世光彦
昭和9年、40歳の乱歩がスランプに陥り、家を逃げ出して麻布の“帳ホテル”に身を隠す。 滞在中、ホテルのミステリアスな面々との美的&知的交流に刺激され、意欲作「撫子姫」の執筆に取り掛かる。 この作中作となる、妖艶で甘美な幻想譚の世界と、怪しげなムードに包まれるも妙に愉快なホテルでの現実世界と、乱歩の夢の中とを行ったり来たりしながら、「撫子姫」を書き進めていくという展開。
「撫子姫」は久世さんが乱歩に捧げたオリジナル作。 わたしは乱歩を殆ど読んでいないので確かなことは言えないが、作中の情報から推察すると、まるで乱歩の良質なエキスを凝縮したような作品に仕上がっている・・という体裁になるのかな。 でも乱歩云々関係なしに良い作品だと思った。 岩井志麻子さんの「ぼっけぇ、きょうてぇ」っぽいかも。 さらにエロティックに、さらにダイナミックにした感じで・・
主人公の江戸川乱歩は、筋金入りの小心者で俗物丸出しのハゲ親爺なんだけど、とってもキュートでいい味出まくっている。 読み進めるうちにどんどん愛着が湧いてくる。 だけど乱歩先生は、次代の作家さんにこんな描かれ方されちゃって、草葉の陰でしょげてないだろうか・・ちょっと心配。
横溝正史、谷崎潤一郎、萩原朔太郎、永井荷風、夢野久作、井伏鱒二、渡辺温などなど・・当時の文壇のうわさ話が盛沢山。 あいつはこーだ、こいつはあーだと、乱歩の脳内薀蓄(時々妄想)を惜しみなく披露してくれる。 ここに登場する逸話は、たぶん殆ど久世さんの創作なのだと思われるが、往年の大先生たちの横顔が伺えて興味が尽きない。 また、エドガー・アラン・ポーはじめ、欧米の探偵小説や怪奇小説論、乱歩自身のこれまでを振り返っては御託を並べたりと、文学論的な知的遊戯が満載の一冊。
ところで、乱歩が昭和9年の冬、麻布の“帳ホテル”に滞在したというのは実話らしい。 連載していた「悪霊」が立ち行かなくなり逃げ出したというのは・・ 半分は、いやそれ以上にホントの模様。


一九三四年冬―乱歩
久世 光彦
新潮社 1997-01 (文庫)
関連作品いろいろ
★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。