銀座幽霊 / 大阪圭吉
海野十三や渡辺啓助、小栗虫太郎や木々高太郎らと共に、日本探偵小説第二の隆盛期と言われる昭和十年前後の探偵文壇を彩った若手作家の一人、大阪圭吉の二冊組ベスト・コレクションの一冊。 ちなみに第一の隆盛期は江戸川乱歩や横溝正史が登場した大正末期とのことです・・乱歩曰く。
ちょっとした謎の掬い方、光の当て方が凄くいい! 鮎川哲也に“論理派ミステリの先駆者”と評された圭吉は、戦争に取られ早世した、謂わば永遠の若手作家であることが惜しまれてならないのですが、でもむしろ、この純粋性や手練れていないプレーンな感じは、どうしようもなく得難いものでありました。 わたしにはとても好もしく、こういうミステリが読みたかったんだよーと思った。
解説の山前譲さんは、“異彩に乏しい”とか“物足りない”とか“地味だ”とか、なにもそこまで・・と思えるほど、同時代人のネガティブ評価を引き合いに出しておられるんだけども^^; 後出しジャンケンの卑怯を承知で言わせてもらえば、人物描写や物語性が薄く、その分、謎解きに腐心しているミステリは、一つの方向性として間違ってなかったし、後世の作家ほど宿命的に書けなくなっていく“シンプルな潔さ”が、この短篇集の中には横溢していて、眩しいほどだった。 そして、装飾ではなく、在りのまま仄かに漂う時代の匂やかさ・・という付加価値。 現代とは少し違う倫理観の中に生きる人々の呼吸音。
人間消失、密室、暗号、ダイイング・メッセージなど、“型”が確立し、発展していく間際の原石のような光芒・・なのだろうか。 確かに、今からこれをやりますよ的なお約束系アピールが弱いので、ストーリーに起伏が乏しいという向きもあるかもしれないのだが、勿体付けた仰々しさがなく飄々としているところが自分とは相性よく感じられたし、あれこれ詰め込まないため、論理展開がすっきり整理されていて破綻がないから、とにかく読んでいて気持ちがよかった。 佳いミステリに出逢えた。 初出誌の挿絵で味わえたのも喜びでした。
パズラーのお手本のような「三狂人」や、暗号モノのお手本のような「大百貨注文者」、クリスマスをモチーフにした謎の提示が魅惑的だった「寒の夜晴れ」や、鯨の祟りという怪奇が物語構成にマッチしていた「動かぬ鯨群」、最後の一文にセンスを感じた「花束の虫」のモダーンな雰囲気もよかった。 林檎の皮むきのナゾナゾ大好き^^ というか、全て何かしらキラっとしていました。


銀座幽霊
大阪 圭吉
東京創元社 2001-10 (文庫)
大阪圭吉作品いろいろ
★★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/792