※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
サム・ホーソーンの事件簿3 / エドワード・D・ホック
[木村二郎 訳] 日本仕様のシリーズ第三短篇集。 25篇目から36篇目までの12篇に、ノンシリーズ短篇「ナイルの猫」がボーナスとして訳出されています。 時代背景は大恐慌真っ只中の1930年代前半で、サム先生の年表的には開業して8年目から13年目、三十代半ばの壮年期です。 小さな片田舎だったノースモントの町が、未来への一歩を少しずつ刻んでいる足取りの確かさを感じますね。
ついに禁酒法が撤廃され、満を持して催された合法的なアルコール・パーティや、ノースモント初のトーキー映画館のオープニング・セレモニーや、ニューイングランド地方の古い家に残っているという窓のない避雷室や、葉煙草の栽培に必要な通気熟成所や、町にやって来た大サーカスや、灯台の海賊伝説などなど・・ 不可能犯罪の舞台もイベントも相変わらず楽しい。 謎解きそのものは、ややシャープさが影をひそめたかなぁ。 でも、そうそうクオリティを保持できるものではないと思うのだが十分に健闘しているレベルといっていいし、マンネリか愛着かと問われたら自分は迷わず愛着と答えたい・・そんな三巻目。 特にお気に入りは「ハンティング・ロッジの謎」、「墓地のピクニックの謎」辺り。 こういう出来過ぎチックなのがやっぱり好きなんだわ。 このラインナップにあって「ナイルの猫」の異色感もよかった。
レンズ保安官の“先生、あんたの助けが必要なんだ!”の求めに応じるまま、謎の解決に生活の重要な部分を捧げていたサム先生が、医師として、患者のために時間を割くという自戒を固く守って、一年以上探偵絶ちをすることになったり、開業以来、十三年に渡りサム先生を支えた有能な看護婦のエイプリルが診療所を辞めることになったり・・ 非常に淡泊な描き方ながら、プライベートの起伏があり、そこにさざ波立つ感情の機微が意外とアクチュアルだったりするんだよね。 旅先での急展開は唐突のようだったけど、十三年間の2人の関係が緩やかに辿った果ての最後の藁みたいで、ちょっと気持ちがしんとなったり。 サム先生は自分の残酷さに気づいてないかも・・たぶん。
こうしてずっと、サム・ホーソーン老医師の昔語りを聞いていると、実は聞き手に御神酒を勧めながら披露する酒飲み爺さんの与太話なんじゃないの? っていう若干の眉唾感というのか、不思議な酩酊感が湧いてくるのがまたよいんだよね^^;


サム・ホーソーンの事件簿3
エドワード D ホック
東京創元社 2004-09 (文庫)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。