※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
櫓の正夢 / 星川清司
[副題:鶴屋南北闇狂言] 文政8年、中村座で初演された四世鶴屋南北作の世話物狂言「東海道四谷怪談」の創作秘話。 遅咲きの立作者、齢七十一にして円熟期の南北が、かの有名な怨霊劇をいかようにして世に送り出したかの物語です。
「仮名手本忠臣蔵」の外伝として、また、当時巷に流布していたお岩伝説(出処は享保年間成立の実録読物「四谷雑談集」に記されている於岩稲荷縁起)に見立てて拵えられていますが、既存の狂言を足掛かりにした書き換えではないオリジナルの演目であり、押しも押されぬ代表作となったその謂れが、著者の描く虚構を掻い潜って迫ってくるかのようで、風俗を、人物を活写し、事実以上の真実を焙り出して見せる力量に心酔しつつ読みました。
田宮家に配慮して、伝説の発祥地である四谷左門町から雑司ヶ谷の四谷に舞台を据え変えたというのが定説のようなんですが、ここでは、まず、雑司ヶ谷の四谷ありきで話が進みます。 四谷といえば・・と、後からお岩伝説にアレンジすることを思いついたみたいな、そういう着想。
生首や毒薬や鼠といったモチーフ、或いは岩の妹の“袖”や、袖に懸想する薬売りの存在など、お岩伝説の余白を埋めるエピソードの数々、伊右衛門お岩の表舞台に引き写される前の、破滅的な色悪と淪落の遊女が立ち回る裏舞台。 善も悪も呑み込んで混沌する愛憎・・ その原風景がまことしやかに明かされていきます。
渡辺保さんの解説によると、南北の他の狂言の登場人物や、それを演じてきた役者のイメージなどが散りばめられているらしく、虚構と現実が交錯する“変転奇妙な遊び”がこの作品の醍醐味だそうだから、通な人にはとことん面白いんだろうなー。 いいなー。
新作の構想に行き詰まり、タネを探して俗世にアンテナを張っていた南北の目に映り込む、不吉な翳りのある一人の浪人。 荒んだ洒落者に創作意欲を掻き立てられ、深追いしていく南北がやがて目にする男女の運命の綾なす無情は、同時に南北自身の内面へと逆流するように重ね合わされ、希代の立作者の人間像を彫琢していく誘因にもなっています。
死霊の祟りか狂気の沙汰か・・ 閉塞した時世に蔓延する満たされない渇きが、浮世を茶にした偽悪的な物言いの底で焼けつくように疼いていて、贅の極みと惨い事が繰り返される文政期の頽廃美がゾクッとするほどの香気を放っています。 芝居と戯作周辺の、時代を彩った文物の粋が能う限り詰め込まれているのも魅力的で、近年世を去った大田南畝の回想、藤岡屋由蔵との路上での遣り取りなどは、ことにふるった仕込みです。
小説と作劇術が溶け合うような文体と構成。 この作品そのものに、南北のシナリオ的な律動感が刻み込まれていて、ふと情景が書き割りに変じる感覚がせり上がり、細やかに練り上げられた生世話の舞台を見せられている心地がしてくるのです。 浸りました。


櫓の正夢 − 鶴屋南北闇狂言−
星川 清司
筑摩書房 1999-05 (文庫)
関連作品いろいろ
★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。