注文の多い注文書 / 小川洋子 & クラフト・エヴィング商會
9年がかりで完成(熟成?)させたという小川洋子さんとクラフト・エヴィング商會さんによるコラボ短篇集。 小川さんが創り出す冷たくフェティッシュな空間と、クラフト・エヴィング商會さんが魅せる粋な“魔法”とが有機的に作用し合っていて、企画先行感を抱かせない質の良さ。
“ないもの、あります”を謳い文句に、東京の片隅の、引き出しの奥のような街区にひっそり店を構えるクラフト・エヴィング商會が、5人のお客の所望する不思議の品々を探し出す5つの物語。
これ則ち、小川さん(注文者)がお題を出し、クラフト・エヴィング商會さん(納品者)がレスポンスする趣向なんですね。 と、巻末の対談を読んでびっくり。 そう単純ではないと思ったので。 物語が流れるようだったし、連携が見事で化学反応がしっかり起こっているから、てっきりブレーンストーミングの賜物だろうと、本編を読み終える頃には確信してただけに・・ あ、でも待って。 “対談”さえ字義通り信用していいものかわかったもんじゃないですよ。 読者を煙に巻く、その念の入れようといったら職人芸なんだから。 神妙な顔してどこまで悪ノリしてるのか見極めたくもなるけど、ここはもう、著者たちの意のままに虚と実の狭間をフワフワ遊歩させていただくのが良きかなと思ったわ。
5つの既存の小説を源泉に小川さんの想像の中に育った5つの品々が妖しく美しく揺らめきます。 小川さんとヴィアンの「うたかたの日々」って、わたしの中では、もう切り離せなくなってる。 本編でも「肺に咲く睡蓮」のベースになってるし、川端康成の「たんぽぽ」をベースにした「人体欠視症の治療薬」でもオマージュらしき含意が窺える。
サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」を踏まえた「バナナフィッシュの耳石」も結構好きで、これは、クラフト・エヴィング商會さんの不意を衝く着眼がキラリ。 村上春樹さんの「貧乏な叔母さんの話」を踏まえている「貧乏な叔母さん」は、時空仕掛けの感動作で、一番まとまりがよかった気がする。
最も好みだったのは「冥途の落丁」。 小川さんとクラフト・エヴィング商會さんと、百けんの「冥途」までもが響き合っています。 というよりむしろ、いつの間にか「冥途」に物語空間を乗っ取られている感覚がザワッと怖い。 百けんが行間の向こうに降臨してるみたいな不気味さが出色。


注文の多い注文書
小川洋子 & クラフト・エヴィング商會
筑摩書房 2014-01 (単行本)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/877