※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
黒猫/モルグ街の殺人 / エドガー・アラン・ポー
[小川高義 訳] もの凄く久しぶりにポーを読みました。 先ず(訳者の好みによって)「黒猫」を選び、そこから連想の働く作品を繋げていったという8編構成。 目次をざっと眺めると、何となく偏ったラインナップに感じたんだけど、なるほど、そういう意図があってのことだったんですか。 端的に言ってしまうと、善悪の相克と生き埋めモチーフが頻出しています。 でも、正常値を逸脱したかのような自意識の世界を内側からと外側からと完璧に描き分ける情熱的な狂気と冷たい頭脳の二面性や、如何なるものが魂の原動力になり得るかを探ろうとする深刻な衝動といったポーを特徴づける性質は、しっかり伝わってくるものがありました。
「黒猫」は、怨念譚のようなイメージとしてしか記憶に残ってなかったのですが、明らかに誤読だったのだなぁーと。 自己への復讐ではあるわけだけども。 黒猫は“良心の権化”であり“魔物”ではないことが「告げ口心臓」「邪鬼」「ウィリアム・ウィルソン」と合わせて読むことで、自ずと浮かび上がってくるように配慮されています。 「アモンティリャードの樽」も、死を目前にしての告解であるとする解釈によって、「黒猫」の系譜に連なる作品と捉え直すことも可能なんですね。 物語がガラッと生まれ変わる驚きを体験しました。
掌篇エッセイ「本能vs.理性 黒い猫について」のみ未読だったけど、これ「黒猫」の後に読むと妙に和む。 講釈じみた筆致なのだが、動画サイトに上がってるウチの猫自慢とどれほどの違いがあろうかと。 ひょいと映像が脳内再生されてしまいました^^ 猫好きポーの横顔を伝える編者(=訳者)さんの粋な計らい!って違う?w
「早すぎた埋葬」は、ここで初めて理性が恐怖に打ち勝つ話として登場し、最終話の「モルグ街の殺人」への橋渡しをしているようにも感じられます。 でもやはり、グッドエンドにも拘らず、結語の切迫感がただならない印象を残す辺り、ポーらしいなぁーと思う。
そして掉尾を飾る「モルグ街の殺人」は、鋭利な知性で恐怖を完全に払拭する手法としてポーが考案した“探偵小説”の第一作。 でも、オーギュスト・デュパンにしたところで、一種、病的に鋭敏な精神の持ち主という意味では、他の主人公と同工異曲なのかもしれない・・と、ふと思ったり。
精緻な演繹的推理作法、奇人であり、鼻持ちならなチックでもある叡智の名探偵と、引き立て役となり、語り手を務める忠実な助手、そこに香る腐心擽り系の微妙な感触、間抜けな警察、猟奇趣味、密室趣味・・エトセトラエトセトラ。 探偵小説のなんたるかを理解するようになってから読んでみると、慣れ親しみ続けている鉄板のフォーマットが、創始にして華麗極まりなく打ち立てられていることに空恐ろしさを覚えるくらいの感慨を抱きます。


黒猫/モルグ街の殺人
エドガー アラン ポー
光文社 2006-10 (文庫)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。