※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
虹をつかむ男 / ジェイムズ・サーバー
[鳴海四郎 訳] 1962年、“異色作家短篇集”の一冊として刊行され、数度の改版を経て読まれてきた日本独自編纂の、そしておそらくは日本初となったサーバー短篇集、の文庫化。 二十五篇収録されています。
長くても三十ページ足らずなのですが、ショート・ショートとは違う味わいです。オチというほど明確ではなく、じわーっとくるようなエンドマークが豊かな香りを残す掌篇というに相応しい趣き。
自身を客体化して書かれている序文「ジェイムズ・サーバーと五十年を共にして」もまるで一篇の作品みたい。 サーバーは目が悪く、生涯視力の低下に悩まされていたそうなのですが、この序文によると、メガネ少年だった頃から一つのものが二つならぬ一つ半に見えたとか。 この半分の付加が作品の根底にあるのかもなぁと感じたり。 あからさまに現実を逸脱してはいないんだけど、地面からふっと浮いたような・・ 少しばかり厭世的というのか、世間のスピード感についていけてないドン臭さや繊細さを、やや距離を置いて見つめる眼差しは、穏やかでありながらシャープであり、人生の機微とさえ言えるユーモアと哀愁を響かせて止まないのです。
そつのない奥さんとしっくりいかない風采上がらぬ夫ものが多いんですが、「虹をつかむ男」や「機械に弱い男」みたいに自分の作り上げた妄想の世界へ逃避するパターンだったり、「空の歩道」や「大衝突」や「ビドウェル氏の私生活」のように、かなり重症な抑圧観念として描かれたり、はたまた「愛犬物語」のように、夢から覚めちゃうんじゃないかと思いきや覚めなかったのねバージョン(笑)のカッチョいー話もあったり。 特にお気に入りは「妻を処分する男」や「決闘」のように、夫のズレっぶりに奥さんが同調していく話。 このシュールさか好き^^
次いで多かったのが少年時代の“私”の体験もの。 半自伝的作品ということになるんだろうか、“たいてい誰もが何かしらにとりつかれていた”二十世紀初頭の陽気なオハイオ州の、家族や知人や隣人の語り草と言うべき珍事のあれこれ。 パニック心理の滑稽さや罰の悪さを、思い出として語る時のとっておき感が伝わってきた「ダム決壊の日」とか、懐かしい時代の複雑怪奇な財政武勇談(笑)が物語られる「ウィルマおばさんの勘定」なんかが面白かったなー。
他にも、新聞の第一面を賑わせたという二十世紀前半の、アメリカ犯罪史上の実話を取り上げたルポルタージュ風の法廷ものがあったり、ブラックユーモアのお手本のような「世界最大の英雄」や、「マクベス」の異解釈もの「マクベス殺人事件」などなど。
一際心を擽られたのが「クイズあそび」。 ないものを証明する事の難しさを、空とぼけたウィットで皮肉った手際の鮮やかさが痛快。 それと自身のイラストについてのエッセイ「本箱の上の女性」が格別でした。 これを読んだらチラシの裏みたいに無造作なスケッチの、“ろくに血が流れているとは思われな”さへの愛着が一入。 一枚、欲しい・・ってなる気持ちがわかる^^


虹をつかむ男
ジェイムズ サーバー
早川書房 2014-01 (文庫)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。