冬虫夏草 / 梨木香歩
「家守綺譚」の続篇です。 章題の植物をワンポイントアクセントにあしらう超素敵センスな掌篇の連作構成は前作を継承していますが、こちらは長篇趣向。
待てど帰らぬ高徳犬ゴローの消息を追って、琵琶湖の疏水べりから鈴鹿の山襞深くへと愛知川を遡行し、仙郷茨川へ至る征四郎の旅路は、まるで冬虫夏草の子実体が菌糸体を辿ってルーツに触れる行為のようでもあり、空間軸と時間軸の混淆が物語に深みを与えています。
森羅万象を常しなえの大きな一つの生命とし、冬虫夏草を、その時々の状況によって生きる形状を変えていく命の逞しさと捉える発想から出発しているのだろうと思う一方、本来の意味の持つ暗さが押し秘められてはいなかったろうかと、薄っすら怖い気にもさせられました。 常に現在というのは蓄積された過去という養分を吸って変容した“子実体”なんだなぁと。 土の下(水の底)に朽ちた母体の存在を不意に衝きつけられた思いがして胸が痛くなった。
少しばかり反応過多になっていて、過激と言ってもいいくらいの諦観を読み取ってしまい、ラストは緩慢な心中ものか?ってほどの寂寥さえ醸されている気になって掻き乱されたのだけど、時間が経つにつれ、人の領分を知り、一被造物としての身の丈で粛々と生を全うする・・ それ以上でもそれ以下でもないことの強靭さ、厳かさがゆっくりと沁み渡ってきて、心がしんとなった。
前作の、中国古譚にも通づるような普遍的郷愁を揺り覚ます御伽噺にも似た肌触りが大好きだったので、今回、民俗学と真摯に向き合ってローカル色を打ち出した内容へと様変わりしていることに戸惑ったんですが、生きとし生けるものへのしみじみとした慈しみに何ら変わるところはなく、高堂をはじめ、ダァリヤの君、山寺の和尚、長虫屋、担当編集者の山内、隣りのおかみさん、みんな顔を見せてくれたのも嬉しい。 前作に“菌類が専門の友人”とだけ出てきた博覧強記の変人学者、南川(熊楠がモデル?)が新顔です。 征四郎が若干、大人っぽくなったか。 その分、高堂との差が増していく切なさ・・
尾根に続く街道から杣道へと分け入り、(後に永源寺ダム建設で水底に沈む)山里の村々を巡る征四郎の見聞録、道中記は、緊密に土地と向かい合って暮らす人々の生業を、その集落毎に丁寧に描き分け、さながら風土記のような趣きです。 氾濫の守護を託された川べりの無数の神社、太郎坊天狗、地蔵林、タノシ、蒟蒻屋、雨乞い、政所茶、識盧の滝、虫送りと虫迎え、ダマ踏、ズルツキ、カワセガキ、天湯河桁命、木地師・・ 八風峠付近のイワナの宿というのも土地の伝承なのでしょうか。 それとも竜神の眷属としての役割を担わせた創作なのか。 年老いた赤竜に想いを寄せたり、サラマンドラが何を意味しているのか考えあぐねたり・・ 野趣溢れる清廉な空気と瀬音の中に身を沈める宝のような時間でした。

<追記>
こちら。 検索していて見つけました。


冬虫夏草
梨木 香歩
新潮社 2013-10 (単行本)
関連作品いろいろ
★★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/885