※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
おはなしして子ちゃん / 藤野可織
グロ可愛くて、おもしろ悲しくて・・ 発想の泉から吹きこぼれる水飛沫を浴びまくった。 なんて弾けてるんだ。 “ポップ&ダーク”の惹句にそそられて手にしましたが、大満足♪ 黒い笑いも眉毛が八の字になっちゃいそうな懐っこさを隠し持っていて、どす黒いわけじゃない。 描かれているのは、後ろに“(笑)”マーク付きの“人生の悲哀”に近いんだけど、同時にそれは悩める人々へのエールでもあったような、底明るいものを蔵していた気がする。 閉じた関係の甘美さも印象に残るのだけど、破滅的な暗さは薄い。
「美人は気合い」がマイベスト。 “私は壊れかけている”と自己診断している宇宙船が語り手の遠未来の話なんだけど、自己言及のパラドックスの中で出来ることをやり続け、ブログラムのコマンドから外れたことをしていると自覚しながら、遠い昔、人類から託された胚盤胞に、美しいよと囁き聞かせ、いつか開かれるかもしれない未来のために“美しさ”の胚を育てている・・胎教のように。 ひたむきな機械の静かな意志を壊れてるなんて言えなくて。 このイメージから誘起される切なさが好き過ぎてつらい。
「アイデンティティ」も切ない系の名篇。 この元ネタ、人魚伝説の歴史の一頁に存在したノンフィクションなんですよね。 レクイエムのようだった。 マイルズの“工芸品だね”のところで泣きそうになって・・泣いた。 「ある遅読症患者の手記」の切な色も好き。 本が無機物じゃない平行世界の話。 ラストは“ぼく”の書いた文章が生命を得た証し。
「今日の心霊」は偏愛度マックスな一篇で、メチャメチャ心擽られました。 評伝調のしかつめらしい語りが擽りに拍車を掛ける。 「ピエタとトランジ」も不条理ナンセンス系で、青春小説らしき眩しさがいいなー。 これ、さり気なく探偵小説の純文学的パロディみたいな味もあってセンスを感じる。
「ハイパーリアリズム点描画派の挑戦」もよかった。 巨大キャンバスに描かれたハイパーリアルの点描画って、じっくり考えたら恐ろしく狂気じみてた;; その異様さが瘴気のように漂う美術館内の狂想曲的光景にぐわんぐわんした。
どの主人公も、“私”や“ぼく”や仮の名で出てくるんですが、名前が剥奪されることで、場所や時代から少し浮いた独特の世界に、普遍的で寓話的な質感が与えられていた気がします。


おはなしして子ちゃん
藤野 可織
講談社 2013-09 (単行本)
関連作品いろいろ
★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。