※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
いま読むペロー「昔話」 / シャルル・ペロー
[工藤庸子 訳・解説] ルイ14世に仕える廷臣だったペローが民話や伝説を再話した散文八篇(いわゆる「散文による昔話集」として1697年に刊行)の新訳を、半分以上のスペースを費やす充実の注や解説で補強した学究的労作ですが、入門者を疎外しない柔らかな語り口が嬉しい。
ペローとグリム兄弟(パジーレは名前も知らなかった)の違いのなんたるかも、漠然としてさえ理解していたとは言い難い有り様だったので、頭の中をクリアにしてもらえる良き機会が得られました。 フランス語は全くわからないのに、そのリズムや密度、きめ細かな空気の微動まで感じさせてくれる道案内が稀有。
国の文化の源泉にさかのぼる民間伝承研究が盛んになった19世紀前半の民族運動勃興期に、子供たちのための国民教育という理想に導かれて刊行された「グリム童話」が、ドイツの市民社会で生まれた背景を持つのに対し、児童文学も民俗学も確立されていない17世紀末フランスの、絢爛と洗練の絶頂をきわめた貴婦人たちのサロン文化の中で、即興的語らいから誕生したのち書物化された、大人の娯楽的起源を強く持つペローの「昔話」。
アカデミーの重鎮たる宮廷作家の余技かといえば実はそうとも言えず、“新旧論争”における近代優位派の急先鋒だったペローが、(学識重視の“父なる古典語”の権威ではなく)語り言葉である“母なるフランス語”の優美さを讃えて世に贈った母国語顕揚運動の旗印だったかもしれないとは刺激的。
また、民話へのアプローチは、フランスに先立ってイタリアで進行し、この評判がパリ最先端の文芸界に波及して、“昔話ブーム“をもたらしたのだと知った。 グリムとペロー同様、ペローとバジーレの間にも多くの類話が見出せるんですね。
民話本来の素朴さを活かしつつ、フランス近代風の時代精神を織り込む才気の鋭さ、人間の弱さや滑稽さを捉えるシニカルな観察眼、精選された語彙から導き出された造形美、簡潔さと抽象性がもたらす鮮明なイメージ・・といった文学テクスト的価値を賞翫することこそ、ペローを読む醍醐味と言っても過言ではないのだと感じ入った。 と同時に、テクストの深層に横たわる含意から時代性を推し量る史料としての面白さや、書承や口承や語り換えが渦を巻きながら縺れ合い、時の流れとともに“伝承”として象られていくダイナミックな受容性の、その有機的な手触りも感じ取れた気がする。
最後の“教訓”がなかなかの煙幕。 こんな風な・・ つかみどころのなさを装う(?)微妙にキワドい本音と茶化しのバランス感覚というのが、当時の“リュエル(ベッドの脇)”コードとして相応しい、超一流の社交遊戯的エスプリなんだろうなぁ・・詠嘆。


いま読む ペロー「昔話」
シャルル ペロー
羽鳥書店 2013-11 (単行本)
関連作品いろいろ
★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。