ぶたぶた日記 / 矢崎存美
インターバルを経ての5作目。 シリーズ復活の口火を切った作品と言えるでしょうか。 本作以降、毎年1〜3冊ペースで精力的に新作出されてますよねぇ。 今や愛されるロングランシリーズ。
奥さんのお母さん(人間ですw)が申し込んだカルチャースクールのエッセイ講座に、代理で通うことになってしまったぶたぶたさん。 講座は全6回のカリキュラム。 引きこもり、認知症、リストラ、自分探し・・ 新米作家の講師と講座のメンバーたち老若男女6人の日常環境を取り巻くテーマにスポットを当てた6篇の連作の、それぞれの要に計6回、ぶたぶたさんの日記エッセイが挿入される趣向。
うーん;; あまり気持ちが乗らなかった・・今回は。 どうだろう。 ぶたぶたさんの特殊性に対する周囲の感度が高まってる傾向? ちょっとネタにしすぎw ぶたぶたさんへの違和が過剰になった分、シュールさがすっかり薄れて普通のリアル路線になっちゃったね。 驚きと必然とどっちつかずで存在してるのが珍奇で新味だったのに。 必然っぽい要素は“見えない善意”に置き換えられちゃってヒューマン一色といった感じ。 もっとも、人間心理との密着度を高めるために、敢えてそこを強調する狙いあってのことなんだろうけど。 今まで勝手に読み違えてた気もしてきたり;;
それと、よくある動物が喋る系と差別化された“ぬいぐるみ属性”が魅力なのだから、自分の内面(特に、ぬいぐるみであることの苦労のようなもの)を語らせて欲しくないなぁ。 語らないから切なくなるのに。 今回のお題が“日記”だったので仕方ない部分はあったんだろうけど・・って、これ、ハートウォーミング・ストーリーに難癖ダメ出しとか我ながら鼻っつまみ;;
小さなフモフモの手でボールペンをギュッと握ってメモメモしたり、手をあげて鼻先をモクモクさせて発言したり・・ もちろんラブリー挙動は相変わらずの絶好調♪ あくまでも能動を促す存在なんだよね。 ぶたぶたさんを触媒に、色を失くした眼前の世界が輝きを取り戻し始め、みんながそれぞれの一歩を踏み出したり、互いに優しい気持ちを育んでいく様子がほろっと爽やか。 まるで自分の心と対話をしている気にさせるぶたぶたさんのしなやかな受身は、やっぱりぬいぐるみが持つ癒し作用の具現化に他ならないんだと思った。


ぶたぶた日記
矢崎 存美
光文社 2004-08 (文庫)
関連作品いろいろ

| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/904