※ ネタバレご注意を ※

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
小村雪岱 / 星川清司
小村雪岱 物語る意匠」を読んで雪岱をもっと知りたくなり探してみたら、星川清司さんがお書きになっていたので嬉しくて飛びつきました。 小説なのかと思ったら違かった。 評伝と言えなくもないがそれも微妙に違う。 雪岱が生まれた明治中期から没する昭和初期までの時好を振り返りながら、雪岱とその周辺の人々の面影を訪ね、えにしの糸を手繰り、文運盛んな過ぎし日の東京を懐かしく垣間見るような・・ 文化風俗史を見わたす読み物なのですが、そこはかとなく迸る余情に導かれるまま、肌の下に籠り疼くがごとき時代の熱へと心を繋げたひとときでありました。
俯瞰した視線で言葉の向こうにあるものを捉え、風情をつかんで真髄を描破しようとする作者の姿勢は、何かしら小村雪岱その人を想起させるものがあったかもしれない。 同時代の文人らが遺した随筆等から拾い集めた先人たちの言葉を点綴し、寄せ集め細工のように多声的に織り上げていく筆致。 そこには精神風土がありのまま活字として封じ込められており、歳月の輪郭が濃密に留められているのです。
河岸の並び蔵、枝垂れる柳、駒下駄ならして芸者が現れそうな細い路地、夢が巣ごもる掛行燈、のどかな黒板塀、小暗い家の奥できこえる三味線の音〆・・ 日本橋檜物町の仕舞た屋で暮らした画学生時代に、身に沁みついた花街の静寂な情趣。 感情表現の起伏を抑えた潔い線描と機知ある構図の狭間に、繊細な詩情と物語の余韻を響かせる雪岱の画風の原風景がここにあり、それは後に泉鏡花の文学世界を絵で表したと評される装幀の中に昇華されます。 小説作者と装幀画家の幸福な出会いを果たす鏡花と雪岱の、互いにそれといわぬままの師弟同然の間柄は生涯にわたり続きました。
鏡花と深交を結ぶ鏑木清方、水上瀧太郎、里見とん、久保田万太郎らと鏡花を囲んで集う“九九九会”、13代目守田勘彌や6代目尾上菊五郎に請われ手がけていく歌舞伎の舞台美術、挿絵画家としての雪岱を開花させた売れっ子時代風俗作家・邦枝完二の新聞連載小説「おせん」、第1回直木賞を受賞した川口松太郎とその朋友で昭和の挿絵の第一人者だった岩田専太郎らの動向、大スター花柳章太郎の衣装考証をはじめとする新派のための舞台や映画美術、鏡花の後を追うように54歳で急逝する直前の仕事となった林房雄の新聞連載小説「西郷隆盛」第86回目の挿絵・・
この世にありえないような美しさへの感興が造り出すロマン。 その底に押し込まれ逼塞する漠とした翳り。 近代という一時代の薫香をどこかに具現しつつ、色褪せぬ存在感を遺した不世出の名人の生涯に想いを馳せ、また吐息まじりに作品集を繰ってしまいそうです。


小村雪岱
星川 清司
平凡社 1996-01 (単行本)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
C O M M E N T








トラックバック機能は終了しました。