パンダ銭湯 / tupera tupera
話題になってたので読んでみました。 大人の感想です。 なんてシュールなパンダ暮らし♪ “パンダ以外の入店は、固くお断りしています”の貼り紙がある“パンダ湯”のヒミツってなんでしょう? 親子パンダの銭湯タイムをそっとウォッチングしちゃいましたってお話の絵本です。 あぁぁぁ・・見てはいけないものを見てしまいました^^ パンダさんたちの淡々とした平常心がまた良くて。 古き良き所帯臭さが醸し出す温かみとの絶妙ブレンドで、独特の世界観が生まれております。
文がほとんど無声に近いくらい削ぎ落とされているので絵の比重が大きい・・ようでありながら 、逆にそのシンプルさが際立つんですね。 “チャ! チャ!”がお気に入り。 合いの手の“は〜ぁ パンダ〜ドンドン”がない(笑) パンダさんたちが混み混みで体を洗う壮観な(?)眺めにアクセントを添える“耳”のアイデアがツボ。 この仕掛け、最終ページではささやかな絵オチも演出することにw
銭湯内の調度に目一杯の目配りがなされていて、クスってなる小ネタを探すのが楽しいです。 外観は昔ながらの銭湯を模した純日本建築で、唐破風造りの堂々たる風格(でも目を凝らすと意匠がパンダ仕様)なのですが、壁絵は富士山じゃないし、湯船のタイル模様も・・ふふ。
余談だけど、“パンダの目は実は怖い”って風潮にはちょっと疑問符なのだよね。 垂れ目柄の中にあるから逆に鋭く感じるだけで、普通の熊さんたちと変わらない気がしてるのだけど違うの? やはりアレを一回やってもらわないといかんね^^
“tupera tupera”さんはご夫婦による物づくりユニットなんだって。 絵本やイラストレーションをはじめ、多方面でご活躍中。 この絵本は、第3回“街の本屋が選んだ絵本大賞“受賞作品。


パンダ銭湯
tupera tupera
絵本館 2013-08 (単行本)
関連作品いろいろ
★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/956