甘い蜜の部屋 / 森茉莉
浅嘉町の洋風建ての邸に暮らす裕福な実業家の牟礼林作とその娘の藻羅(モイラ)。 舐めても舐めても無くなることのない林作の愛情の蜜の壺に浸って生きるモイラは、そのぼんやりとした無意識の媚態であるところの気怠げな無関心、くねくねとした緩慢な動作、鈍く不透明な感情、ムウディイ(不機嫌)な情緒、貪婪を潜めた重い瞳、吸いつくような皮膚と燻り出る百合の香気で男たちを搦めとり、その肉体を灼き、精神を鈍らせる魔物だ。
鼻につくくらいの西欧(かぶれ)的な舞台美術に、折々古風な和が折衷されていて、近代日本のモダニズムを色濃く映しつつ、登場人物たちが気脈を通じ感応し合いながら内的波動だけで物語を満たしていく超俗性と、果実の汁や花の蜜を滴らせた艶美な幻想性が渦巻く芳醇な大正ロマネスクの世界。 無垢と残酷に彩られた物語性などは、ある種ガーリッシュ的な匂いを放っていて、少女小説の系譜と捉えてもあながち間違いではないのかも。
ウェストミンスタアの煙と薫香に包まれた、父と娘二人だけの緊密で純粋な閉じた世界、昏い“魔”を宿らせる“甘い蜜の部屋”の不可侵性は絶対的です。 でもそこに共依存的な破滅性はなく、もっと何か冷めた手触りなのです。 遊戯のような・・
森茉莉さん、アンソロジーで読んだ短篇エッセイ以外では初体験なのですが、赴くままに書き殴ったような洗練を全く感じさせない文章にたまげました。 有無を言わさず魅せてくる怒涛の粗放さと、過剰な言葉で圧してくるくどくどしさ・・ なんなんだ、この評価不能の文体は。 表面的な取り澄ましへのアンチテーゼとでも言わんばかり。 いや、ほんとにそうかどうかは知らないけど。
しかし70年代頃の文学ってのはやたらハイソで、ひっでぇ悪文だなぁーと思ったのが超名文だったりとか・・するんですよね。 わからないなりに、ひょっとして凄いんじゃないのか的な文章に翻弄される心地よさは確かにあったのです。 例えばこんな。
天上はモイラを実家に遣っている時に迎えに来たことはない。
因みにこれ、“来た”を“行った”にすれば普通の文章として成り立つのだが、双方向の意識が瞬時に広がる摩訶不思議なニュアンスを醸し出してしまう妙。 間然としているのに味があるとしか言いようがないのだ。
旧弊な美徳に対する作者の嫌厭が根底にあるのだろうか。 で、振り子の針が振り切れちゃって、もうなんか行くとこまで行っちゃいましたといった趣き。 モイラに投影されるファム・ファタル観には、なんとなくではあるけど、フランスの小説に出てくるアンニュイでガサツな小娘を思い浮かべたくなる雰囲気があって、少なくとも日本的な羞じらいの乙女観の対極に位置する資質を如実に発散させてるし、フランス古典なんかに見られそうな進歩的で背徳的で過激な恋愛思想へのリエゾンめいた匂いがムンムンするのは気のせいなのか。
モイラの虜に成り果てた男たちを悶え苦しませる執拗な描写は、靄のかかった想念世界を咽せるくらい濃密なものにしていくし、モイラを視姦するかのような男勝りな作者の目線は度肝を抜くし、餌食となった男たちの悩乱を養分に生育し、手の施しようのない魔物にねろねろとバージョンアップしていくモイラ像は、後半になるほど現実味を削ぎ落とし、感覚的にも理性的にも常人のキャパの範疇を超越して、その魔性をエスカレートさせていきます。
でも、モイラは作品なのだよね。 林作の芸術的創造物なのだ。 モイラの“闇”は深いのだが、やはりわたしが惹きつけられるのは林作なのです。 この小説を支配していたのは間違いなく彼だった。 自らの手でファム・ファタルを育て上げ、掌の中で自由に泳がせ、永遠に所有し賛美したいと欲し、魔獣を飼い慣らす調練師のような快楽を追求することに遊ぶ隠れデカダン男(真のドSとはこんな人なんじゃないかと思う)なのだが、下手するとマッド・サイエンティストに連想が及ぶ。 “モイラ”という響きもちょっと怪獣っぽいし^^; 換喩的なモンスター小説に見えなくもない。
そういう林作を犀利で品があって粋な、めちゃめちゃ格好いい紳士に描きながら、同時にゾッとするような嫌悪感の種火を伏線のように読者の心に植えつけていくのだ。 終局面でのそれとないぶっ返りは満を持した感があり、ラスト一行に収斂させるランディングが見事。
純粋なのかエゴなのか、開放なのか堕落なのか、神に為り済まさない者のそれなのか悪魔のそれなのか・・ 否定も肯定も受け流し、美しやかに妖しく漫然と蠢きながらも、選ばれし者のみが到達できる遊戯的境地の聖域から、“魔”の淵を覗いてごらんと凡民を教唆するようなサディステックな微笑を見え隠れさせた“魔の美学”小説。 底のわからぬものに触れた時の不安と好奇に恐ろしいほど駆り立てられてしまう・・


甘い蜜の部屋
森 茉莉
筑摩書房 1996-12 (文庫)
関連作品いろいろ
★★★
| comments(0) | trackbacks(0) |
C O M M E N T








http://favorite-book.jugem.jp/trackback/979